• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

ご挨拶

理事長・学長からのご挨拶

学校法人ヤマザキ学園 理事長 博士(学術)(動物人間関係学) 山﨑 薫

人と動物が共生する豊かな未来を創造する

2017年に創立50周年を迎える学校法人ヤマザキ学園は、創始者山﨑良壽先生の動物愛護の精神を引き継ぎ動物愛護のパイオニアとして、これまでに1万人を超える卒業生を社会に送り出して参りました。近年の少子化を背景に、人と動物を取り巻く環境が大きく変わり、多くの飼い主にとってコンパニオンアニマルは人生のパートナーとなりました。動物医療をはじめ、ライフスタイルの充実のためにペット関連産業がめざましい発展を遂げています。
成熟社会において人と動物が共生し、豊かで健康な未来・地域社会を創造するために、動物看護教育を通じて動物看護師としてリーダーシップを発揮できる人材と、動物関連産業で活躍できる人材を養成することを目的に新しく「動物看護学専攻」と「動物人間関係学専攻」の2専攻を設置しました。
また、この春、全国でも有数の学園都市である八王子の南大沢キャンパスに地上5階建ての3号館が竣工しました。豊かな自然環境のもとでコンパニオンアニマルを飼育している世帯も多く、動物看護の実践的な修学に最適な地域で1年次〜4年次まで一貫教育を受けられるよう環境の整備を致しました。
本学は、動物が大好きで、動物看護の新時代を切り開くフロンティア精神を持った若い人たちに期待しています。「生命を生きる」という教育理念のもと、ヒトも動物も共に健康に暮らし、平和な共生社会を築くために、教育研究の更なる発展と地域貢献に努めてまいります。

学部長からのご挨拶

ヤマザキ学園大学 動物看護学部長 獣医学博士 獣医師 小方 宗次

動物を介して人と社会に貢献する

人も動物も長寿化が進む現在、人と動物との関わり方が大きく変化してきています。将来、動物について学びたいと考えている皆さんには、動物全般の広い知識と同時に、倫理、哲学、歴史や法律などを学び、人の立場を理解する力を養うことも求められます。本学には「人の心」やコミュニケーションの大切さを学べる分野の講義も多く揃っているので、ぜひ、アンテナを高くして学生生活を送って欲しいと思っています。人と動物がバランスよく共存する豊かな社会に貢献できる人材の養成に教職員が全力でサポートします。

学科長からのご挨拶

ヤマザキ学園大学 動物看護学科長 農学博士 教授 天野 卓

動物好き、集まれ!

動物好きの皆さんがさらに専門性の高い知識や技術を学べる2専攻がスタートしました。一つは動物看護学専攻です。動物看護師としての高度な知識と技術を修得し、獣医師の信頼できる優れたパートナーになり、動物看護師としてリーダーシップの取れる人物を養成します。もう一つは動物人間関係学専攻です。動物介在教育や活動、動物の愛護、コンパニオンアニマルやコンパニオンバードの特性、行動やケア、育種・繁殖技術を始め実験動物や産業動物の飼育管理さらに野生動物の保全等も学び、それらの分野のスペシャリストとして社会に貢献できる人物を養成します。

このページのトップへ戻る