• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

学園の歴史

1966年

渋谷駅前ビルにてイヌの衣食住を紹介する「犬のリビング展」を開催。

1967年

世界初のイヌのスペシャリスト養成機関「シブヤ・スクール・オブ・ドッグ・グルーミング」を開校。
日本動物衛生看護師協会を設立(2006年NPO 法人認証)。

トピックス:1

1971年

世界犬教育協会(I.D.E.A.)を創立。イヌを中心とした社会教育活動を開始する。
日本赤十字青年団と協力して「災害救助犬キャンペーン」を実施。学生を中心に「シブヤカレッジ・レッドクロス団」を結成。
第1回海外研修旅行を実施。ペット先進国アメリカへ、学生200名が参加。

トピックス:2

1973年

「ワンワンレストラン」をオープン。イヌの食餌を中心とした飼い方の指導を行う。

トピックス:3

横浜市主催「正しい犬の飼い方のつどい」に協力。

1977年

創立12周年を機に校名を「ヤマザキカレッジ」と改める。

1983年

ヤマザキカレッジ2年制教育の上に、日本動物看護学院専攻科(1年制)を新設。

1984年

ヤマザキカレッジ日本動物看護学院を全日制3年コースに改組。

1990年

創始者山﨑良寿逝去。

1991年

ヤマザキ学園ボランティアクラブ発足。ペットハッピーホームプログラム開始。

トピックス:4

1994年

学校法人認可。専修学校日本動物学院認可。山﨑薫理事長就任。
サバンナクラブ(東アフリカの会)の活動としてケニアの小学校建設を援助。
創始者山﨑良寿記念奨学金制度を創設。

2000年

第1回「朝日動物愛護シンポジウム」開催。

2002年

「毎日新聞 動物の仕事シンポジウム」開催。

2004年

ヤマザキ動物看護短期大学(3年制)開学。

トピックス:5

第2回「ヤマザキ動物愛護シンポジウム」開催。

2006年

ヤマザキ学園内に、現・公益社団法人日本動物福祉協会新東京支部が発足。

トピックス:6

2007年

ヤマザキ動物看護短期大学に専攻科(1年制)を新設。

2008年

第3回「ヤマザキ動物愛護シンポジウム」開催。
(「ハチ公」写真展を同会場にて実施)。

2009年

第4回「ヤマザキ動物愛護シンポジウム」開催。
ヤマザキ学園大学設置認可。

2010年

ヤマザキ学園大学 南大沢2号館竣工。
ヤマザキ学園大学開学。
開学記念行事として第5回「ヤマザキ動物愛護シンポジウム」開催。

トピックス:7

2011年

ドッグ・ウォーキングと公開講座「ヒトがイヌと歩くということ」開催。

2012年

第6回「ヤマザキ動物愛護シンポジウム」開催。

トピックス:7
第2回公開講座「ヒトがイヌと歩くということ」開催。
ヤマザキ学園は45周年を迎え、動物看護フォーラムと式典を開催。

2013年

ヤマザキ学園大学完成年度。
ヤマザキ学園大学長に山ア薫理事長が就任。
第3回公開講座「ヒトがイヌと歩くということ」開催。

2014年

ヤマザキ学園同窓会発足。
ヤマザキ学園大学第一期生が卒業。

2015年

ヤマザキ学園大学 南大沢キャンパス3号館 着工。

2016年

ヤマザキ学園大学南大沢キャンパス3号館竣工。
動物看護学専攻と動物人間関係学専攻を新設。

2017年

ヤマザキ学園創立50周年

創立時から教壇に立つ創始者。海外事情や経営学を熱心に教授した。 I.D.E.A創立25周年記念では「アニマル・アート展」を主催 飛鳥田横浜市長から感謝状を受け取る創始者 山﨑良寿記念奨学金の授与式 2004年短期大学開学を記念して開催された「第2回動物愛護シンポジウム」 ケニアの小学校建設を援助
このページのトップへ戻る

トピックスご紹介

トピックス:1NPO法人日本動物衛生看護師協会

動物看護職の確立とレベルアップのために1967年に設立された組織です。ライセンス認定を行うとともに、職業人教育として、国際セミナーや論文発表・研究会を開催、常に最新の動物看護にかかわる情報を提供しています。

近年の国際セミナー例
「動物の歯科衛生」
キャロル・B・シューメイカー
「アニマルアシステッドセラピーの概念と現状」
アン・R・ハウィー
「動物のリハビリテーションと理学療法」
ヘレン・ニコルソン
エマ・コーデル
NPO法人日本動物衛生看護師協会イメージ

トピックス:2海外研修

海外研修を1971年から実施しています。約10日間の研修では動物看護先進国であるアメリカやオーストラリアを訪れ、 動物看護師や獣医師によるセミナーの受講をはじめ、盲導犬協会や動物病院の訪問、ドッグショーの見学など、 学園独自のネットワークを生かした充実したプログラムを提供しています。

海外研修イメージ

トピックス:3「ワンワンレストラン」

ドッグフードが普及していない当時、イヌの食餌を中心に、飼い方の指導を行い、世界各国の新聞・テレビでユニークな試みとして報じられました。

「ワンワンレストラン」イメージ

トピックス:4ボランティアクラブ

阪神・淡路大震災での災害犬のケアや、毎年開催される東京都の動物愛護フェスティバル、渋谷区ボランティアまつりへの参加などの活動をしています。
2011年東日本大震災の動物救援活動として、学生ボランティアは被災地に送る支援物資(ペットフード、リードなど)の仕分け作業などを行いました。また、5月には渋谷のき東急文化村と東急百貨店本店で版画家の吉岡耕二画伯の作品提供によりチャリティー版画展を開催しました。

ボランティアクラブイメージ

トピックス:5開かれた大学への取り組み

八王子地域の23 大学と市民・経済団体・企業・行政が協働する「大学コンソーシアム八王子」に参加。ここでは生涯学習を提唱する「八王子学園都市大学いちょう塾」で授業を受け持っています。

開かれた大学への取り組みイメージ

トピックス:6公益社団法人 日本動物福祉協会 新東京支部

1991年にヤマザキ学園が始めた「ペットハッピーホームプログラム」を引き継いで活動しています。
このプログラムは、捨てられたり迷子になったりしたイヌやネコの新しい飼い主を探すもので、支部内にはイヌやネコを預かるリビングルームのような施設も備えられています。

新しい家族とわんちゃんたちイメージ

トピックス:7ヤマザキ動物愛護シンポジウムと公開講座

2000年の動物愛護法の改正を記念して第1回「動物愛護シンポジウム」が開催されました。
2010年7月19日には東京九段会館でヤマザキ学園大学開学記念「動物愛護と青少年の教育を考える」シンポジウムが開催され、800名以上の幅広い年齢層の方々が参加しました。
基調講演は故・中川志郎氏による「動物達が教えてくれること」。中川氏はパンダ飼育のリーダーとして知られる元上野動物公園園長、財団法人日本動物愛護協会理事長でした。
パネルディスカッションでは、東京農業大学教授の林良博氏、歌手・女優で介助犬親善大使でもあるジュディ・オング氏、特別ゲストとして立教女学院小学校の吉田太郎氏を迎えました。吉田氏は、日本では取り組みが始まったばかりの動物介在教育という新しい教育プログラムの試みを実践しています。ヤマザキ学園理事長・山﨑薫、ヤマザキ学園大学動物看護学部長・若尾義人と共に熱い議論が交わされ盛会のうちに終了しました。
なお、読売新聞社東京本社、環境省、文部科学省、農林水産省をはじめ、渋谷区、八王子市、大学コンソーシアム八王子、心の東京革命推進協議会他動物関連23団体の後援を得ました。
2011年から毎年11月に「ヒトがイヌと歩くということ」をテーマに公開講座を開講。また、緑豊かな南大沢キャンパス周辺をイヌと一緒に歩く「ドック・ウォーキングフェスティバル」を同日開催。多くの愛犬家がイヌと一緒に参加しました。

ヤマザキ動物愛護シンポジウムイメージ

このページのトップへ戻る