• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

モデル犬制度

動物愛護に基づいた教育のために

本学ではコンパニオンアニマル(伴侶動物)であるイヌは愛情あふれる家族の一員として家庭で飼われているのが本来の姿と考えています。約3,500頭を超えて登録されているモデル犬を飼い主さまからお預かりし、多種多様の犬種を使用して実習を行っています。

実習イメージ

「ヒトと暮らすイヌについて学ぶ」

2万年以上前からイヌとヒトは互いの縄張の中で存在を認め合い、獲物を分け合い、命を助け合い、そして今日の家族同様と称される関係を築き上げてきました。家族の一員となったイヌは「家庭犬」としてその生涯の多くを家の中で全うします。このことは人々のイヌとの衣食住への考え方に大きな変化を生み出しました。

福山貴昭先生イメージ

福山 貴昭先生

1966年、創始者の山 良壽がイヌの衣食住をテーマに「犬のリビング展」を実施した当時、栄養面を考慮したフード、日常を衛生的に生活するためのシャンプーといったことは時代のニーズを先取りしたものでした。“コンパニオンアニマル”と呼ばれるまでになったイヌとの暮らしにはさまざまな学びのテーマがあります。家庭犬独自の豊かな表情や行動を理解し、私たちが家族に「いつまでも健康であってほしい。いつも快適であってほしい。」と願うように、愛犬の健康を願う飼い主の心理を理解した健康管理、看護、介護のあり方を学ぶなど、一般家庭で暮らすイヌを対象にした授業でなければできない学びがあります。
狩猟の際のパートナーだったイヌイメージ

(イメージ画)狩猟の際のパートナーだったイヌ。

狼から派生したという説イメージ

狼から派生したという説もある。

共に暮らすイヌの「衣・食・住」を考えることイメージ

共に暮らすイヌの「衣・食・住」を考えることは私たち人間の生活を考えることにもなる。

愛犬用ベッドイメージ

「犬のリビング展」で紹介された愛犬用ベッド。

栄養面に考慮したフードイメージ

栄養面に考慮したフードも今では一般的に。

このページのトップへ戻る