• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

インフォメーション

平成27年度子ども体験塾を開催しました(2015/08/21 配信)

8月6日(木)に南大沢キャンパスにて八王子市内の小学校に通う小学生を対象とした「子ども体験塾」を開催しました。
毎年「イヌといっしょに暮らすこと」をテーマに実施しています。次世代を担う子どもたちにヒトと動物の共生について学ぶ機会を提供することで、社会貢献や地域との連携強化につなげています。


当日は夏休みを元気に過ごす小学生と保護者を合わせた143名が訪れ、 モデル犬と触れ合いながら動物看護やグルーミング(イヌの美容)を体験し、イヌの食事や行動について学びました。
参加した子どもたちのたくさんの笑顔で、学生スタッフと教職員も楽しい時間を過ごすことができました。


150821_kodomo.png


後援: 八王子市、八王子市教育委員会、大学コンソーシアム八王子、八王子学園都市推進会議
詳しくはこちら

南大沢キャンパスにフットサルコートが完成(2015/08/07 配信)

2017年に50周年を迎える本学園では、記念事業の一環として環境整備に取り組んでいます。
8月6日(木)、南大沢キャンパスにフットサルコートが完成しました。
新しいコートは学生からの要望を取り入れた水はけのよい人工芝となっており、
来月からサークル活動等で使用される予定です。

また、2016年1月の完成をめざし、新校舎(3号館)の建設が進んでいます。

%83t%83b%83g%83T%83%8B%83R%81%5B%83g%81i%8Ap%93x%95%E2%90%B3%8C%E3%81j_s.jpg
詳しくはこちら

日本動物看護学会にて卒業生が大会奨励賞を受賞 (2015/7/17 配信)

2015年7月4日(土)、5日(日)に開催された
日本動物看護学会第24回大会 一般演題発表の部(口頭発表)において、
本学卒業生の粟生幸絵さんが大会奨励賞を受賞しました。
おめでとうございます。

IMG_0124web.jpg  web_taikaishou.jpg


■発表テーマ
「猫の肥満対策の一助となるFBMIメジャーの作成」

粟生幸絵 さん (2015年3月卒業生)
現在は大分県にある動物病院メイプルアニマルクリニックにて動物看護師として活躍されています。
詳しくはこちら

名誉教授称号を授与 (2015/7/8 更新)

2015年3月をもって退職された二宮博義氏と小倉啓子氏に
2015年5月28日付でヤマザキ学園大学名誉教授の称号が授与されました。

■二宮博義 名誉教授
  前 動物看護学部 動物看護学科 学科長・教授
  2014年度まで「動物形態学」「実験動物学」等の授業を担当

■小倉啓子 名誉教授
  前 学生部副部長・教授
 2014年度まで「心理学入門」「高齢者心理ケア論」等の授業を担当
詳しくはこちら

平成28年度 学費改正について (2015/6/22 配信)

平成28年度 学費改正について
  ヤマザキ学園大学は、開学以来、常に学生の学修と環境整備に取り組み、渋谷と南大沢のキャンパスで授業を展開して参りましたが、平成28年3月、現在建築中の3号館の竣工とともに原則として南大沢キャンパスで一貫教育を行うことになります。
 このことにより、学修環境・経費を見直し、動物看護学を学ぼうとする意欲と向上心を持った入学希望者に教育の機会均等の観点から経費の負担を軽減し、社会的・経済的要請にこたえるために、平成28年4月1日より、下記の通り学費改正を決定いたしました。
 本学は、今後とも学生の期待に応えるべく教職員一丸となって日々教育に研鑽 を重ねて参る所存です。
 ヤマザキ学園は、創立50周年(平成29年)を迎えるにあたり、今後なお一層、 動物看護学分野並びに動物人間関係分野に対する教育・研究の充実を図って参 ります。




平成28年度 初年度納入金

1. 入学金150,000 円
2. 授業料(年額)900,000円
3. 実習費(年額)250,000円
4. 施設費・維持費(年額)300,000円
初年度納入金 合計1,600,000円
以上
平成27年6月22日(月)
学校法人 ヤマザキ学園
ヤマザキ学園大学
学長 山 ア   薫
詳しくはこちら

全国動物保健看護系大学協会定期総会が本学で開催されました。 (2015/6/12 配信)

2015年6月6日(土) 南大沢キャンパスにて動物保健看護教育を行う6大学で組織される
「全国動物保健看護系大学協会」の定期総会が開催されました。

同協会は動物保健看護学教育の推進と動物看護並びに獣医療の発展に貢献するため、
動物看護学教育標準カリキュラムの策定をはじめ、様々な活動を行っています。

今回の総会では、動物看護師の公的統一資格化に向けて全国統一試験の実施、資格認定を行う
動物看護師統一認定機構への協力体制の在り方や、全国統一試験の受験資格に関わる
動物看護学教育標準カリキュラムについての今後の課題や展望についてなど、
さまざまな意見交換が行われました。


20150606_sokai.jpg

▼全国動物保健看護系大学協会WEBサイト
http://www.kusa.ac.jp/JAVNTC/index.html
詳しくはこちら

新島典子准教授が公開シンポジウムにパネリストとして出演 (2015/6/1 配信)

20150530_happ.jpg本学の新島典子准教授がNPO法人動物愛護社会化推進協会 主催
公開シンポジウムにパネリストとして出演しました。



NPO法人動物愛護社会化推進協会 主催
2015年 春 第15回公開シンポジウム

『高齢者とペット 高齢者のペット飼育支援を考える


日 時 2015年5月30日(土) 14:00?17:00

場 所 東京大学農学部 弥生講堂一条ホール

詳しくはNPO法人動物愛護社会化推進協会Facebook公式ページ をご覧ください。



DSC01343%81%9C.JPG   新島准教授は社会学的観点からみた高齢者の現状分析や、高齢者のペット飼育において生じる課題や必要な支援について講演しました。
  今後の高齢化がもたらす問題への解決策として、ペット飼育の効用が注目を集めています。動物介在福祉や高齢者福祉を学んだ在学生や卒業生の活躍が、今後一層期待されます。
詳しくはこちら

5/16(土)本学協賛「介助犬フェスタ2015」が開催されました

5月16日(土)に愛・地球博記念公園(愛知県)にて、本学が毎年協賛する「介助犬フェスタ2015」が開催されました。
来場者数は5,300名にものぼり、介助犬への関心の高さがうかがえました。
介助犬デモンストレーションや介助犬使用者のインタビューなどのステージイベントの他、介助犬認定報告会、介助犬ふれあいコーナーなどが設けられ、どのプログラムも介助犬使用者をはじめとする来場者で賑わっていました。
詳しくはこちら

地域のイベントに学生ボランティアが参加

平成27年5月10日(日)に開催された地域のイベントに、学生がボランティアとして参加しました。
詳しくはこちら

平成27年度1年次生 フレッシュマンキャンプを実施

4月24日(金)、25日(土)
1泊2日の日程で、国立オリンピック記念青少年総合センターにて 1年次生のフレッシュマンキャンプを実施しました。
1542425_freshmanA02.png
日本介助犬協会による講演
初日は、社会福祉法人日本介助犬協会による講演およびデモンストレーションを聴講しました。
介助犬テルモちゃんによる訓練内容のデモンストレーションでは
多くの学生が興味津々な様子で、質疑応答の時間には積極的に質問をしていました。

1542425_freshmanB02.png
グループワークを通した交流
夜はクラス対抗で体内時計ゲーム、クイズとビンゴを行い、見事Bクラスが優勝しました。 2日目はクラス混合でグループワーク(自己紹介および他己紹介)を実施し、 始めは緊張気味だった学生も、時間が経つにつれクラスを超えた交流が深まり、 グループワーク終了時には笑顔が満ちた和やかな雰囲気になっていました。
1542425_freshmanC02.png

フレッシュマンキャンプを終えて
「介助犬について興味が湧き、もっと詳しく知りたくなった」 「クラスだけでなく、他のクラスにも友達ができて良かった」など、さまざまな感想を聞くことができ、学生にとって有意義な時間となったようです。
1542425_freshmanD02.png
詳しくはこちら

このページのトップへ戻る