• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

インフォメーション

  • フリーダイヤルでもお問い合わせ受付中!! フリーダイヤル:0120-124979
  • CAMPUSナビゲーション 受験生必見!サイト内をご案内します。
  • お問合せ・資料請求 お気軽にお問合せください。

インフォメーション

読売中高生新聞の猫ブーム特集にて新島典子准教授がコメントしました。(2015/11/9配信)

11月6日(金)発行の読売新聞タブロイド判中高生新聞にて、新島典子准教授が
人と動物の関係についての専門家としてコメントしました。
新島准教授は人のライフスタイルの変化といった社会的変遷にも着目しながら、
猫ブームの背景について言及しています。
詳しくはこちら

テレビ東京「チャージ730!」のペットビジネス特集に取材されました。(2015/10/31 配信)

ペットビジネスマネジメントの授業を担当している前原晴彦非常勤講師が
テレビ東京の情報番組「チャージ730!」内の特集「ペットビジネス最前線2015(仮)」
にてコメントしました。

放送日時:11月3日(火・祝) 午前7時30分?8時15分(予定)
番組   :テレビ東京「チャージ730!」
番組HP :http://www.tv-tokyo.co.jp/charge730/



%91O%8C%B4%82%B3%82%F1%83R%83%81%83%93%83g.jpg
詳しくはこちら

『知りたい!やってみたい!アニマルセラピー』出版(2015/10/22 配信)

アニマルアシステッドセラピー研究室の川添敏弘准教授、伴侶動物行動管理学研究室の堀井隆行講師、伴侶動物介在福祉研究室の山川伊津子講師による共著『知りたい!やってみたい!アニマルセラピー』が出版されました。
高齢者施設での「アニマルセラピー」や幼稚園・小学校での「動物介在教育」の事例を紹介するほか、飼い主に必要な動物福祉やペットロスの知識、ハンドラーに理解して欲しい動物行動学の理論などをイラストや図表とともにわかりやすく解説しています。





%8B%A4%92%98.jpg 『知りたい!やってみたい!アニマルセラピー』

著者 川添敏弘
    堀井隆行
    山川伊津子
発行 駿河台出版社
詳しくはこちら

動物歯科学研究室の林一彦教授が『犬の歯みがき 絵本』『犬の歯みがき 読本』を出版(2015/10/22 配信)

林一彦教授が歯科診療責任者を務める「動物歯科クリニック 花小金井動物病院」にて
毎月開催している「犬の歯みがき教室」の内容をまとめた『犬の歯みがき 絵本』が出版
されました。歯みがきのコツや実際のみがき方を、子どもにもわかりやすいように易しい
文章とイラストで紹介しています。
また、より詳しい内容を知りたい方向けに『犬の歯みがき 読本』も出版。
歯みがきを始める時期や歯みがきの効果を症例を示しながら紹介しています。

ehon_2.jpg 『犬の歯みがき 絵本』

著者 林一彦教授
発行 株式会社山水書房
dokuhon_2.jpg 『犬の歯みがき 読本』

著者 林一彦教授
発行 株式会社山水書房
詳しくはこちら

『タウンニュース(10月22日号)』にペット同行避難訓練の記事が掲載されました(2015/10/22 配信)

10月12日(月・祝)に長池公園(八王子市)で開催した「ペット同行避難訓練」の様子が、
神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙『タウンニュース(10月22日号)』に掲載されました。
ペット同行避難訓練では、動物愛護研究室の会田保彦教授、ドッググルーミング研究室の
福山貴昭助教、在学生が、約30名の愛犬を連れた参加者に対し、整備されていない道での
歩行訓練や避難所における排泄物等の衛生管理についてレクチャーしました。




doukouhinan.jpg
詳しくはこちら

ペットロス研究室の新島典子准教授が共著『動物のいのちを考える』を出版(2015/10/21 配信)

人と動物のかかわりは石器時代以来の長い歴史があり、そのかかわりかたは文化の違いによって大きく変化してきました。
こうした変化をさまざまな専門家がそれぞれの視点から解説する中で、本学の新島准教授は"食"の視点から「いのち」について考えるきっかけを提供しています。





doubutsu3.jpg 『動物のいのちを考える』

編著 高槻成紀
共著 新島典子准教授
発行 朔北社

第二章 いのちの「食べかた」を考える- - 産業動物
   一 食の変化
   二 飼育の現場 - 食肉の作られ方
   三 「食べかた」の背景
   四 「食べかた」の変遷 - 日本人の肉食文化の時代的変遷
   五 肉食の考え方と向き合い方
詳しくはこちら

人も動物も快適に暮らせるワンポイント! 講演会のお知らせ(2015/10/20配信)

本学の教員が「ペットの困りごと解決法」と「高齢動物との暮らし方」について講演します。


ペット=コンパニオンアニマルが家族の一員や人生のパートナーとなった昨今、ペットの人間社会への順応や
加齢に伴う健康管理にますます注目が集まっています。
今回開催する講演では、ペットの問題行動の改善と高齢のペットとの暮らしについて焦点をあて、
人も動物も快適に暮らせるようになることをめざします。


【開催概要】
日時  :2015年11月8日(日) 13:00?16:30
場所  :北野市民センター 8階ホール
内容  :
?@「ペットの困りごと解決法 ?問題行動をなくして幸せに暮らすコツ?」
mogi-t_300.jpg
茂木 千恵講師(動物臨床行動学研究室)


?A「高齢動物との暮らし方 ?人と動物が最期まで幸せでいるために?」
hanada-t_300.jpg
花田 道子教授(動物臨床栄養学研究室)


主催  :八王子市保健所
対象  :八王子市内在住、在勤、在学の方
定員  :200名(先着順)
参加費:無料


*お電話またはFAXにてお申込みが必要です。
  健康部(八王子市保健所)生活衛生課 動物衛生担当
  電話:042-645-5113
  FAX:042-644-9100


詳細、お問い合わせはこちらから
詳しくはこちら

『広報はちおうじ(10月15日号)』に公開講座の告知が掲載されました(2015/10/15 配信)

15101501men.jpg




11月1日(日)に南大沢キャンパスで開催する公開講座「ヒトがイヌと歩くという
こと」の告知が『広報はちおうじ(10月15日号) ひろば欄』に掲載されました。

超高齢社会を迎え、「歩くこと」による健康効果への期待がますます高まっています。
イヌとのウォーキングで実現する「ヒトとイヌ」の健康管理を考察し、ヒトとイヌの関係のあり方を探ります。


お申し込みはこちら


詳しくはこちら

大規模災害時に備えあれば憂いなし! 「ペット同行避難訓練」を共催(2015/10/7 配信)

doukouhinann.png



ヤマザキ学園大学は、八王子市公園指定管理者フュージョン長池公園と
10月12日(月・祝)に開催する「ペット同行避難訓練」を共催します。


先月10日、豪雨により茨城県常総市石下地区で鬼怒川の堤防が決壊した際、
自衛隊により住民とともに犬が救助されたことが話題になりました。

今回開催する避難訓練は、災害発生時におけるペットとの避難方法や、
集団での避難生活を余儀なくされた際に飼い主とペットが守るべきマナーを
学ぶことを目的とし、動物愛護研究室の会田保彦教授とドッググルーミング
研究室の福山貴昭助教が本学学生とともに適切に指導します。


【開催概要】
日時:2015年10月12日(月・祝) 10:30?12:30 *雨天中止
場所:八王子市長池公園芝生広場
講師:会田 保彦教授、福山 貴昭助教
内容:?@災害時の避難について
      整備されていない道のペットとの歩行訓練、適度な荷物量の確認、足裏保護の方法 他
    ?A避難所における動物飼育
      ケージへの誘導、ペットの健康管理、しつけ、排泄物などの衛生管理と処理 他


詳しくはこちらをご覧ください。
詳しくはこちら

ヤマザキプレス 最新号発行(2015/10/1配信)

学校法人ヤマザキ学園の最新情報をお伝えします。

YAMAZAKI PRESS vol.06(PDF)

YamaPre6image2.jpg Headline
ヒトと動物が共に健やかに生きる社会をめざして
広がる動物看護の職域に対応 第36回海外研修レポート 他
地域に根ざした教育機関として 子ども体験塾レポート 他
Pick up いま注目される "ヒトと動物の絆"


詳しくはこちら

このページのトップへ戻る