• ヤマザキ学園トップ
  • 大学
  • 専門学校
  • line
  • facebook
  • デジタルパンフレット
  • アクセス
  • お問い合わせ・資料請求

社会貢献とネットワーク

社会貢献とネットワーク

ボランティアクラブ

ヤマザキ学園ボランティアクラブは、1991年に発足し、1995年阪神・淡路大震災、2000年の三宅島噴火に際し、被災した動物の救護を実施。
2011年の東日本大震災においても、有志の学生と教職員が被災地に送る支援物資(ペットフード、リード等)の仕分け作業等を行いました。
「緊急災害時動物救援本部」
http://doubutsukyuen.org/

ボランティアクラブ活動イメージ

動物愛護ふれあいフェスティバル

環境省・東京都・台東区・動物愛護団体等と協働して開催される動物愛護週間中央行事「動物愛護ふれあいフェスティバル」に本学園も参加しています。上野公園で開催されたイベントでは「ペット美容実演」のほか、各コーナーの誘導や運営業務にも携わり、“人と動物の絆”を広める活動に貢献しました。

動物愛護ふれあいフェスティバルイメージ

NPO法人日本動物衛生看護師協会

NPO法人日本動物衛生看護師協会ロゴマーク

ペットハッピーホームプログラム

公益社団法人日本動物福祉協会 新東京支部は渋谷1号館に活動拠点を置いています。その活動のひとつである「ペットハッピーホームプログラム」では、捨てられたり、迷子になったりしたイヌやネコの新しい飼い主を探すため、校舎内にはイヌやネコが快適にすごせるように、一般家庭と同じリビングルームがあります。

ペットハッピーホームプログラムイメージ

ヤマザキ学園大学主催子ども体験塾

八王子市、八王子市教育委員会、大学コンソーシアム八王子にご後援いただき、「イヌとなかよくなろう」と題して、子ども達にイヌとのふれあいを通じて生命の大切さや尊さを体感してもらう内容を企画しています。

八王子子ども体験塾イメージ

長い歴史で培った学園ネットワーク

ヤマザキ学園は日本で最初に動物看護の道を拓き、動物看護師という職業人を確立し、社会に送り出してきました。その数、1万人超。45年以上にわたる実績によって、現在、動物にかかわるさまざまな組織と太い絆を結んでいます。ヤマザキ学園の山﨑薫理事長は、このような組織の理事や評議員を務めさせていただいております。このことは、信頼できる就職先のネットワークの絆とも深く連携しています。

2017年3月現在

このページのトップへ戻る