本文へスキップします。

ページタイトル

3つのポリシー

人と動物の架け橋をめざして



"日本で唯一の動物看護学部"

本学では教員、カリキュラム、施設等、すべてを動物看護学部のために配置しています。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定および学士の学位授与に関する方針)

修業年限以上在籍し、所定の単位数を修得した学生に対して、卒業を認定し、学士(動物看護学)の学位を授与する。
本学の動物看護学教育では、動物看護学および動物人間関係学の2専攻を設置し、それぞれの特徴を活かした学修により、基本的理論・技術を修得し、教育目標である生命を尊重する倫理観および幅広い視野と課題解決能力を身に付け、人と動物との架け橋として社会に貢献する学生に対し、学士(動物看護学)を授与する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学では「動物看護学専攻」および「動物人間関係学専攻」において、動物愛護の精神に則り人と動物の共生の思想と倫理観を身に付けることが不可欠であり、以下のような教養教育及び専門教育課程を編成し実施している。

  • 教養教育科目では、人と動物の共生に求められる豊かな人間性と幅広い視野を養う。
  • 専門教育科目は、専門基礎科目と専門科目と総合科目から編成される。専門基礎科目では、教育の質を保証するために、すべての科目を必修としている。専門科目は、学生の興味や進路に配慮して、動物看護学専攻および動物人間関係学専攻においてそれぞれの特色を生かした科目で編成される。なお、実習科目は、講義科目に対応させ、1年次から4年次まで段階的に受講するよう編成している。総合科目は、コミュニケーション能力、および時代に即したトピックを学修するための科目として、アッセンブリーアワーI(動物と看護)、II(動物と環境)、III(動物と職業)、Ⅳ(動物と社会)を配している。
  • 以上の課程の修得により、課題解決能力等の涵養、および社会人としての基礎力の構築に努め、4年次の卒業論文では、研究室制度により個々のテーマに基づく研究成果をまとめるとともに、少人数体制での人間形成を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本学が求める学生像は、人と動物の架け橋になる者。入学者受入方針は以下の通りである。

  1. 本学の建学の精神および教育理念に共感する者。
  2. 動物に深い理解と愛情を持ち、人と動物の共生を目指す者。
  3. 動物看護学または動物人間関係学の修得能力を持つ者。
  4. 社会の一員として、国際的な視野に立ち、コミュニケーションを大切にする者。
  5. 自ら学び、解決策を見出すための努力ができる者。

この方針に従い、高等学校においては、理系教科のみならず、文系教科の基礎学力を求める。
なお本学は、アドミッション・ポリシー 1 ~ 5 に対応した評価を各選抜方法によって行います。